2017-18 ウィーンオペラ

ウィーン国立歌劇場の今シーズン(2017-18)も終わりに近づきました。

私はこのシーズンの11月と5月にウイーンでオペラステイが出来ましたことをとても有り難かったと思っているところです。

11月の白眉は 「アドリアーナ・ルクヴルール」で

ネトレプコ、ジトコーヴァ、ベチャワの出演でした。


5月は「サムソンとダリラ」のプレミエ(新演出)でガランチャ、アラーニャの出演。

彼らは現在最高の歌手たちです。

歌手陣、合唱、バレエ、オーケストラと一体となって素晴らしいオペラを作り上げていました。

さて声楽家、声楽指導者にとって次の二つのことが最も重要である、とLiberoCanto創始者のラヨシュSZAMOSI先生はいつも言われていました。


一つは言うまでもなく、⭕絶えず自分の技術を高める努力をすること。

もう一つは⭕最高の演奏者の音楽を聴き続けること。


これは自分の音楽のイメージの水準を高めてより良いものを追求する目標になります。良くないものをたくさん聴いても無駄ですし、むしろ進歩の邪魔になります。




このことにおいて私のウイーンでのオペラ、コンサート行きは何物にも替え難い素晴らしい音楽の 触発剤となります。



2017.11.8「仮面舞踏会」Un ballo in maschera.

                   Jenkins.      Pretti, Caria, Haveman,Bohinec,Fally


2017.11.9「アドリアーナ・ルクヴルール」Adriana Lucouvreur 

                    pido,      Beczala, frontali, Netrebko,Zhidkova


2017.11.11「仮面舞踏会」Un ballo in maschera,

                     Cobos,   Pretti, Caria, Haveman,Bohinec,Fally


2017.11.12 ウィ-ンフィル定期演奏会Wiener Philharmoniker(Wiener            Musikverein)

2017.11.13    Fleder Maus「こうもり」(Volksoper)フォルクスオペラ


2017.11.15 「アドリアーナ・ルクヴルール」Adriana Lucouvreur 

                    pido,      Beczala, frontali, Netrebko,Zhidkova


2017.11.17  「愛の妙薬」L’elisir d’amore ,

                Garcia Calvo.   Caroll, Grigolo, Yaldiz, Schrott


2018.5.7  「セヴィリアの理髪師」Il barbiere di Siviglia 

                         Soddy .   Xiahou,Winkler,Frenkel

2018.5.8「愛の妙薬」L’elisir d’amore ,

                      Ballef,  Nafoornita,Fanale,Berm?dez,Rumez


2018.5.9. 「ドン・パスクワーレ」Don Pasquale

                     Alaimo ,  Siragusa ,Plachetka,de Niese,Derntl

2018.5.10 「シモン ボッカネグラ」Simon Boccanegra

                     Pid?,  Hampson,Belosselskiy,Yildiz,Green,Meli,Rebeka,Osuna


2018.5.11「愛の妙薬」L’elisir d’amore ,

                      Ballef,  Nafoornita,Fanale,Berm?dez,Rumez


2018.5.12「サムソンとダリラ」Samson et Dalila

                     Armiliato,   Garancia ,Alagna,

                    Alvarez,Colivan,Dumitrescu,Navarro,Schneider,Pelz

以上が今シーズン私がウイーンで聴いてきたものです。


私が聴きたかったテノールは

Beczala, Pretti, Fanele ,Meliです。


Beczalaは押しも押されぬ第一人者の貫禄充分。、

Prettiのこの役は彼には重すぎたか、指揮者が代わると自由が損なわれた。

Fanaleはこのオペラ劇場ので初役で緊張したか、伸び伸びとした彼の持ち声が披瀝されたとは言いがたく残念.

Meliは現在トップテノールのキャリアを歩んでいる絶好調の歌手。

舞台姿も洗練されていて大変充実した舞台を聴かせてもらいました。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示