脱力発声法のレッスンの進め方について

更新日:2020年11月8日

声楽のレッスンといえば、生徒と先生がピアノや譜面台を挟んで相対して、大きな声のやり取りで終始するのが普通です。しかしLiberoCanto(以下LCとします。)では、それとは全く違うスタイルです。ピアノの前にいる教師と生徒は互い違いに椅子に腰を下ろします。いわば歯科医での治療の時のようですね。


 教師はピアノで音程をとって生徒の発声を進めます。生徒はピアノを背にして、椅子に腰掛け、視界がフリーな前方に向かって 声を出していきます。


 教師は生徒の姿勢や表情を正確に観察しながら 生徒の発声の癖を直し、自然で正しい声を出させていきます。


生徒にとっては、まず椅子に腰掛けることで身体と心をリラックスができます。教師の模範唱を右耳で聴き取り、落ち着いて声を出していくことができます。


 顎や舌、胸が硬いと良い声が出ません。教師は注意深くその生徒に最適な音型を選んでトレーニングをしていきます。


基本的に低声から半音づつ音を上げていきます。使用するフレーズは単なるアルペジオではなく歌唱意欲が出るイタリア歌曲集からのフレーズを多用してレッスンを進めます。


  声とは一体何であるかというと、声は息そのものです。正しい発声とは息が楽々と何物にも妨げられていない発声器官を通って出ていくことです。人は天真爛漫な幼児時代を過ぎると徐々に心理面での抑圧が始まり、そのことのために大人になって私たちが発声する時には舌、顎、胸を中心に身体のあらゆる筋肉からの干渉や妨害を出てくるものです。

レッスンではそれらの悪い動きを取り除くことに主眼がおかれます。悪いものが除かれると正しい本来の声の姿が現れ 良い声として育っていくことができます。


  レッスンの後半に生徒は立って、歩いたり身体を自由に動かしたりしながら歌っていきます。 つづく


写真は メトードの創始者 Prof. Lajos Szamosi サモシ教授夫妻 と筆者。1974.



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示